ページの下の方に動画もご用意しております!


わんちゃんは最低でも2日に1回の歯みがきが必要です!!




『デンタルガムをあげているから大丈夫!』『歯石のつきにくいフードを食べているので大丈夫!』『歯の健康にいいおもちゃを与えているから大丈夫!』ほんとうにそれだけで大丈夫でしょうか... 当院の見解はNOです。




デンタルガムや歯石対策用フードが歯に悪いということは決してありません。むしろ近年非常に良くなっていると考えております。それだけでは不十分な理由の1つは歯肉炎の原因として最も重要な歯と歯茎の間(右写真の赤い○の部分)がみがききれないからです。指につけて歯をみがくタイプの製品ではこの部分がみがきづらいのでやはり歯ブラシが必須です!もう1つは歯石の付着するスピードの問題です。歯石は48時間以内に付着をはじめるので最低でも48時間ごとに落としてあげないとドンドンたまってしまいます。





わんちゃんが『歯が汚れてきたからおもちゃで汚れを落とす』とか、『歯石のたまってきた部分に歯石対策用フードを積極的にあてて汚れをおとす』とかしてくれれば助かるのですが現実的には歯石の付着した歯は歯肉炎が進行してくるため痛みを感じよけい使用しなくなります。そのため一度悪くなった歯は放っておくと悪化する一方です。
人間でもガムかんでるから歯みがきしないなんて方はいませんよね.......(知らないだけで実はいるのかな?)




歯みがきに使用する道具


以前は人用の柔らかめでもいいよ…とオーナー様に説明していたのですがビルバックの新商品『ペリエイド』はペットの歯周病対策のために作られた非常にいい商品です。毛先がテーパードと言って先細りしており、また全体のカーブもペット特有の顎の形に合わせて作られていますので、非常に使いやすい商品です。
ぜひ一度お試しください。

次にペーストの選び方です。これはわんちゃん用のものであればどれでも問題はないと思います。ヒト用のペーストはくちゅくちゅぺっと吐き出すようにできているので泡立ってしまいます。わんちゃんは歯みがきの後に吐き出せないので飲み込んでしまいます。胃の中で泡立ってしまい胃に刺激性があるだけでなく胃拡張をおこす危険性もあります。絶対にわんちゃん用を使用して下さい。わんちゃん用はバニラミント、モルト、シーフード、りんごなど様々な味のものがあるので気に入りそうなものを選んでいただければと思います。


歯のスケーリングについてのご説明


スケーリングについてご説明します。スケーリング処置後、わんちゃんの歯は見違えるほどきれいになりピカピカになります。私自身も勤務医で経験の浅いうちはスケーリングでピカピカになった歯をみて自己満足していたものです。オーナーさんもスケーリング後の歯を見て大満足!です。
しかしスケーリング後にしっかり歯のケアができなければ3ヶ月もすれば歯石もがっちりついてきて、8ー12ヶ月もすればスケーリング前とほとんど同じ状態になります。  スケーリングの最大の欠点は全身麻酔をかけなければいけないことです。全身麻酔には少なからずリスクがあります。特に高齢になってからではリスクも小さくないと言えます。

さあ歯みがきをはじめましょう!!


かなり前置きが長くなりましたがここからは実際の歯みがきの仕方をご紹介します。まず一番始めのステップとして歯みがきペーストをなめさせてあげることです。わんちゃんが気に入る味でできていますのでこれで歯みがきの抵抗が小さくなります。



まだ歯みがきをはじめるにはちょっと早いです。わんちゃんの口の中に指を入れて歯をさわられることに慣れさせます。1日に4-5回を数週間も実施すれば十分慣れてくれると思います。







すごく基本的なことですがわんちゃんは左の写真換えてのように口を無理矢理あけるのを極端に嫌がります。検査、歯みがきのときは必ず唇をめくって歯にアプローチして下さい。







次は実際に歯をみがく方法を解説します。一番歯石がつきやすいのは上顎犬歯(いわゆるキバです)、上顎第4前臼歯(右の絵の黄色い歯です)と言う歯です。まずここをみがいて次に奥の歯、前歯(切歯)、最後に内側の歯の順にみがいていきます。
どの歯をみがくのを嫌がる、気にしないはわんちゃんによって違いますので反応を見ながらアレンジしていただければいいと思います。私が愛犬に行っている1日1回の歯みがきを動画でご紹介します。参考にしていただければ幸いです。1日に2回行っていた時期もあるのですが上手くみがけるようになるにつれ1日1回へシフトしていきました。
御理解いただけるように動画を準備しました!ぜひご覧ください。

歯磨き後のご褒美!!

私自身もあまり理解していなかったのですが、わんちゃんは歯磨き後におやつを食べていいとのことです!
理由は、人間の歯の一番の問題は『虫歯』です。これは食物の残渣といういわゆる食べかすが原因と言われています。
しかし、ワンちゃん猫ちゃんの歯の問題はいわゆる歯周病と言って、歯と歯茎の間に歯周ポケットが出来てしまい、そこからバイ菌が入って炎症が広がっていくというものです。
そのため日頃からケアをしていれば歯磨き後におやつをあげても特に問題はないとのことです。